ここ数年で外でも喫煙スペースもなくなってきている、家でも肩身の狭い思いをして換気扇の前で喫煙…禁煙を考え始めてきている人が続出です。禁煙するにもお金がかかる…そんな貴方にオススメがあります!是非参考にしてください。

排煙装置の役割と路上禁煙の意味について

オフィスビルには排煙装置と呼ばれる装置が取り付けられていますが、排煙装置と言うのは排煙窓を開閉するための装置であり、超高層ビル、イベントホールと言った過密化する現代の建造物には無くてはならない存在になっています。

尚、排煙装置には手動式のタイプの他にもボタンを押す事で装置が駆動して排煙窓を開閉してくれるタイプも在ります。
手動式のタイプはハンドルをクルクルと回転させることで排煙窓を開けるタイプになります。

排煙装置が在る事で、密閉された空間の中の空気を浄化することが出来るわけですが、超高層ビルと言うのは基本的に窓を開けることが出来ないため無くてはならない存在になっているのです。

また、排煙装置とは別に、オフィスビルの中には喫煙所が設けられており、指定場所以外は禁煙になっていますが、喫煙所の中には分煙機と呼ばれる空気を浄化してくれる装置が在ります。

喫煙所には多くの人が煙草を吸いに訪れますし、数名が同時に喫煙を始めれば狭い空間もたちまち煙で充満してしまい、喫煙者が吐き出した煙を吸い込めば、受動喫煙と言う健康被害を受けることになりますので、分煙機は喫煙所内には必須のアイテムと言われているのです。

最近は路上での喫煙を禁止しているエリアが増えているのですが、路上喫煙だけではなく、歩行禁煙としているエリアも増えています。
路上喫煙と言うのは立ち止った状態で煙草を吸う事を意味にしているのですが、路上禁煙は指定された場所以外での喫煙が禁じられており、仮に立ち止まっていても、煙草を吸う事が禁じられているのです。
尚、路上禁煙や歩行禁煙は受動喫煙の防止、小さな子供などに対する火傷の防止などの大切な目的が在るのです。